img-1

銀行の審査に通らないときの原因について解説します

銀行カードローンや住宅ローンなどの審査に通らないときも、なぜ通らないのかという理由は教えてもらえません。



金融機関の審査基準というのは、各金融機関によって独特であり、そしてその情報は非公開です。



よって、審査に通らないときは自分で原因を考えるしかありません。


一般に、金融機関の審査では、年収と返済負担率、勤務形態、勤続年数、個人信用情報などが重視されます。
さらに、住宅ローンなどの有担保型のローンでは、担保評価額も重視されます。



また、住宅ローンでは団体信用保険への加入がほぼ必須なので、健康状態も重要です。


住宅ローンでは、15年から35年という長期にわたる返済になりますので、年収が高いことよりも、将来にわたって安定した収入が見込める職業であることが必要になる場合もあります。



そのために都市銀行などでは、融資先を正社員に限っているところも少なくありません。



銀行の審査で特に注意すべきなのは、個人信用情報でしょう。

クレジットカードやローンの支払いで延滞すると、およそ5年間その記録が個人信用情報に残ります。



銀行は特に、個人信用情報に対して厳しいことで有名です。



きちんと返済を行なえる人物であるかという人間的な信用を重視しているからでしょう。カードローンの審査では、銀行、信販会社、消費者金融の順番で審査が甘くなると言われています。よって、審査に通らない人は信販会社や消費者金融に申込みをしてみるとよいでしょう。いずれの金融機関でお金を借りるにしても、返済をきちんと行い、信用情報に傷がつかないように気をつけなければなりません。



延滞などをしてしまうと、クレジットカードがもてなくなったり、住宅ローンや自動車ローンなど生活するうえで重要なローンの審査にも通らなくなってしまうかもしれません。


関連リンク

img-2

銀行の審査に通らないときの原因について解説します

銀行カードローンや住宅ローンなどの審査に通らないときも、なぜ通らないのかという理由は教えてもらえません。金融機関の審査基準というのは、各金融機関によって独特であり、そしてその情報は非公開です。...

more
img-3

銀行でお金を借りるために知っておくべき豆知識を解説

銀行でお金を借りるうえで、最も大切なことは人間的な信用です。カードローンなどの審査では、年収や勤務形態なども重視されますが、近年ではアルバイトやパートでも安定した収入さえあれば審査には通るようになっています。...

more